ダンスの種類で簡単に出来るものなんてあるの?

そう思いますよね?

初心者さんにとっては最初はどのジャンルの踊りでも難しく感じることも多いかもしれません。

でもやはり始めやすい、とっかかりやすいものってあるんです。

本日はこれから始めるにあたってダンスの種類で簡単に出来るもの5つを解説していきたいと思います。

初心者の皆さんへのおすすめになるので、参考にしてみてくださいね。

ダンスの種類で簡単に踊れるベスト5とは?

今はアーティストのステージ上でもダンサーと一緒にパフォーマンスしていることが多いですよね。

TVやネットの中でも踊っている人たちはたくさん目にします。

前に流行った星野源さんの「恋ダンス」や高校生ダンサーたちの熱い戦いから生まれた「バブリーダンス」など、毎年色々な踊りが流行っていることから、ダンスは生活の身近な部分に存在していると考えられます。

未経験の人でも流行りのステップを真似したりすることはありますよね。

テレビ等で見たものをやってみたいなぁという気持ちになる人も少なくありません。

ではどんなジャンルのものなら初心者や未経験でも踊りやすいのか?

初心者の方におすすめするダンスの種類で簡単に踊れるものをご紹介していきます。

ヒップホップ (HIP HOP)

ヒップホップは数多くあるダンスの中でいちばんよく聞くポピュラーなものではないでしょうか。

ヒップホップダンスは定義が難しく、また時代とともに色々なスタイルに変化、発展していっているので、これもヒップホップ? あれもヒップホップなの??と思うこともあるかもしれません。

そもそもヒップホップダンスは1970年代にヒップホップミュージックで踊るダンスとしてアメリカのニューヨークが発祥と言われています。

わりと自由度も高く、音楽を自由に表現するところもあり、型にはまらないダンスという印象が強いです。

何十年も前に生まれたステップ「ランニングマン」はここへきてJ SOUL BROTHERSで再度注目されたり、踊りをしない人にもヒップホップダンスは受け入れやすいものではないかなと思います。

最近はガールズヒップホップというものも人気があり、女性がヒップホップの世界に入りやすいのではないでしょうか。

ヒップホップで有名なアーテイストは次のような方たちがあげられます。

三浦大知

三浦大知さんのパフォーマンスの凄さは誰もが感じるところかもしれないですが、一緒に踊っているダンサー達も一流ダンサーばかりが集結しているので、歌もダンスも圧巻なステージを繰り広げています。

これがヒップホップ! と言うと、初心者の方には「こんなのは出来ない~」と思うかもしれませんが 、優しいシンプルなステップから練習を積み上げていく先にこのような世界があるのなら・・・夢は広がりませんか?^^

私は個人的にも彼らのダンスは大好きですね。

まだまだ活躍されていくことでしょう。

E-girls

E-girlsのパフォーマンスもカッコいいですよね。

女性のしなやかさ、柔らかさ、強さ、セクシー、カッコイイが詰まった踊りじゃないかなと思います。

彼女たちは何千人もの中からオーディションで勝ち上がってきたメンバー。

女性のカッコいいヒップホップダンサーの代表では?

こう考えるとヒップホップはこれだ! とは言い切れないほど幅広く、奥深いんですよね。

しかし、初心者の方や未経験の方には入りやすい挑戦しやすいジャンルです。

私もヒップホップダンサーとしてかなりおすすめしたいですね。

ジャズダンス (JAZZ DANCE)

ジャズダンスはもともとJAZZミュージックで踊るところから始まったものになります。

アーティストのバックダンサーやミュージカル、テーマパーク等でも取り入れられているものでダンス人口も多いジャンルです。

ヒップホップダンスと同じでジャズダンスも幅広いスタイルが存在し、ストリートダンス寄りのジャズヒップホップやコンテンポラリーも人気があります。

安室奈美恵さんのスタイルもジャズダンスになりますが、好きなアーティストの踊りをやってみたいなぁと思えばジャズダンスにトライしてみるといいかもしれませんね。

ロックダンス (ROCKIN’)

ロックダンスは男女ともに人気のあるジャンルです。

ロックダンスという名前の由来は、速い動きから突然止まる動きが鍵をカチャっとロックする様子に似ているところからと言われています。

ダンススクールでもロックダンスのクラスがありますが、このようなスタイルの踊りをやってみたい場合はクラスも色々あるのでトライしてみるといいですね。

K-POP

ここ数年K-POPが流行り、ダンスのクラスも増えてきました。

好きな韓流アイドルの踊りを真似する人たちも増えたりと認知度は上がってきています。

しかしK-POPはもともと韓国のダンススタイルではなく、K-POPの音楽で踊るものをそう呼ぶようになっているようです。

内容的にはヒップホップやガールズヒップホップ等を含む振付けやステップが主流になり組み立てられているので、初心者の方でもやりやすいスタイルではないでしょうか。

また可愛い手振りや足遣いも多く女性に多く人気がありますね。

ハウスダンス (HOUSE)

ハウスダンスはもともと1970年代にアメリカのシカゴで生まれたもので、ハウスミュージックに合わせて踊るものになります。

私的にはハウスというとTRFのSAMさんを思い出しますね。

足さばきが軽快でカッコいいスタイルですが、スピード感とクールな雰囲気が好きな方にはおすすめになります。