ダンスミュージックの中にはゆっくりしたものもあればスピードの速いものがあります。

テンポの速いキレのあるダンスはかっこいいですよね。

本日は、「アップテンポなダンスの振り付けでかっこよく踊るコツ」をテーマにお話していきます。

初心者の方にとって最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてくるとテンポの速いものは踊りやすくノリもよくかなり楽しいです。

かっこよく踊るコツやアップテンポなダンスの振り付けのおすすめ動画や音楽をご紹介します。

アップテンポなダンスの振り付けでかっこよく踊るコツとは?

何事も基礎が大事

ダンスをかっこよく踊るコツの1つめとしては基礎が重要になります。

どんなものでも共通することですが、基礎の部分が出来ていないと後々苦労します。

ここでいう基礎とは踊るための身体を動かすためのストレッチ、アイソレーション、リズムトレーニング。

また体幹トレーニングも合わせて行っていくことをおすすめしますね。

自分の身体をコントロールできるようにするための地道な練習になります。

土台を踊る準備ができた状態にしておけば、アップテンポなダンスの振り付けにも対応することができます。

どんな人でも身体も出来ていない、基本練習をしていないではキレのあるカッコイイ踊りをするのは無理なことです。

まずは基礎をしっかり行いましょう。

下記ではダンスの基礎について詳しく書いているので合わせお読みくださいね。

反復練習をする

基礎をしっかりと実践したら振付にはいっていきます。

振りに関しては振付をした人がお手本なので、100%コピーするような気持ちで丁寧に覚えていくことが大切です。

速い音楽で踊る場合、雑な動きになったり振り回されてしまうことがあるので、まずは集中してその振りをしっかりと覚え、そこからは反復練習をしていきましょう。

ダンスは練習したぶんだけ上手くなっていきます。

コツコツと毎日練習している人は必ずスキルアップしていきます。

アップテンポなダンスの振り付けでかっこよく踊っている自分を想像しながら頑張ってくださいね!

キレを出す

スピードのある音楽でキレキレに踊っているダンサーはカッコイイですよね。

アップテンポなダンスの振り付けでかっこよく踊るにはキレを出す必要があります。

キレは力を入れることと抜くことで作られる緩急の差によって生まれます。

なかなか力を入れたり抜いたりは最初から上手くできないかもしれませんね。

「筋力、体幹、瞬発力」

これらを意識して練習していくことがキレに繋がっていきます。

下記では力の出し入れについて詳しく書かれているので合わせてどうぞ♪

アップテンポなダンスの振り付けのおすすめ動画とは?

Uptown Funk  /  ブルーノマーズ

凄く丁寧にわかりやすく踊っています。

この動画は反転動画なので、このまま真似して一緒に踊ることができます。

ブルーノマーズ好きな方は是非練習して踊ってみてくださいね。

Swish Swish  /  Katy perry

私がいつもご紹介しているカイル・ハナガミ(Kyle Hanagami)のLAでのレッスン風景です。

この「Swish Swish」は私も振付して踊ったことがありますが、とってもカッコイイ曲ですよ。

このクラスはとても難しいですが、覚えて踊れたら凄く気持ちいいし楽しいと思います。

覚えたいなと思えば設定のところから音の速度を下げて、ゆっくりバージョンを見ながら練習してみるといいですね。

カイルのダンスを日本で受けられると思えば凄くラッキーです^^

Boys  /  Lizzo

この楽曲もかなりテンポが良く凄くカッコイイし、アップテンポなダンスの振り付け特有のキレと爽快感たっぷりの動画です。

振付はBrian FriedmanというLAで活躍するダンサーですが、基本的にはいつもかなりノリのいいテンポの速い曲を使うことが多いですね。

見ごたえ十分だし、踊るにも身体が出来ていないと振り回されてしまうなぁという感じの振りが多いのも特徴です。

でもスピード感のあるテンションがあがるキレキレの振りというとBrianでしょう。

アップテンポなダンスの振り付けのおすすめ音楽とは?

Bassa  Sababa   /   Netta

アップテンポなダンスの振り付けにこの曲は凄く気持ちいいですよ。

1回聴くだけで耳に残る印象的な派手な楽曲です。

私もこれは振付を作りましたが、サビの部分からどんどんテンションがあがっていって、最後までいくと達成感を感じられるカッコイイ曲。

オススメの1曲です。

Raising Hell  /   Kesha ft. Big Freedia

Keshaは色々な楽曲を出していますが、この曲はかなりアガる楽しい作品です。

運動会や学園祭で子供さんが踊っても楽しいし、初級から上級までどのレベルの方が踊ってもしっかり動けるスピード感だと思います。

上のYouTube動画はライブの模様なので、アーティスト本人たちの熱も感じられる映像になっています。

見ても聴いても楽しい1曲ではないでしょうか。

Blah Blah Blah  /  Armin van Buuren

音楽の種類としてはトランスになるのですが、アップテンポでカッコイイ曲です。

出だしからワクワクさせるような始まりで徐々に音が足されていき、どんどん盛り上がっていきます。

曲調は一定なので踊りやすく初心者の方でも音が取りやすいと思いますよ。

学園祭、イベントのステージ等で踊っても映える楽曲です。