ダンスを独学で有名人のようにカッコよく踊ることができるのだろうか?

初心者の方にとっては自分だけで練習して本当に上達できるのか?不安ですよね。

まず、答えから言ってしまうと・・・可能です。

現在、世の中にはたくさんのスクールがありレッスンを展開しています。

でもそこに入らなくても踊ることは出来るし、上達することはできるのです。

では、どうしたらいいのか?

今回はダンスを独学で有名人のように踊れるようになるためのおすすめの練習方法や意識の持ち方を解説していきたいと思います。

是非参考になさってみてください。

また合わせてダンスが上手いアーティストもご紹介していきます。

ダンスを独学で有名人のように踊る方法

基本の部分をしっかりと学ぶ

自分自身で行うにしても基本は大切です。

踊りの基礎は把握しておかないといけません。

上達のためにはアイソレーションやリズムトレーニングは必須

YouTubeで「アイソレーション」や「リズムトレーニング」を探してその動画を見ながら練習するといいですね。

動画のダンサーの動きを見ながらそれを真似し、反復練習していきましょう。

ダンスの基礎初心者の為の絶対8カ条も合わせてお読み頂くことをオススメします。↓

ジャンルを決める

踊りには色々なジャンルがあります。

あなたはどんな種類のものを踊りたいのでしょうか?

独学で練習していくにあたって、少し厳しいジャンルもあります。

それはバレエ、コンテンポラリーなど。

個人でやるには難しい部分が多いので、これらのジャンルに関しては習うという選択肢のほうが上達は早いと思われます。

またヒップホップダンス、ハウス、ロックなどストリート系のダンスは独学で有名人を目指すのは可能です。

まずは自分が踊りたいと思うジャンルを絞りましょう。

振り付けを覚える

自分が踊りたい楽曲のYouTubeを探し、その中でも色々なダンサーが振付けをしていると思うので、これを踊ってみたいというのを1つ決めてそれを徹底的にコピーして練習していきます。

何度も繰り返し音楽に合わせ動いていきます。

1曲を徹底的に覚えて踊るということをやってみてください。

出来ればカウントをかけながらカラダに入れていくといいですね。

1曲覚えてそれを真似しながらどんどん動いていくことによって、頭と身体で理解しつつ徐々にスキルアップし習得していくことができます。

もちろん最初にお話したように基本は必要です。

基本的な練習を踏まえたうえで、この振り付けを覚えて徹底的に練習していくということを続けていけば「ダンスを独学で有名人のように踊る」ことは可能だと考えられます。

目標設定をする

ダンスを独学で有名人のように踊る」が今回のテーマになっていますが、独自で練習していくにあたって意識しなければならないことがあります。

それは・・・

目標設定をすること

いついつまでにこの振り付けを踊れるようにする、この曲をマスターする・・・などと決めて、そこから逆算して毎日今日はこれをやろう、今日はこのステップを練習しようと決めたことを行っていくことが大切です。

ただなんとなくやみくもにやっていても効率が悪く時間だけが過ぎていってしまうので、是非目標設定してみてください。

動画を撮る

自分の動きを動画を撮ってチェックしましょう。

一人で練習している場合、誰かが見ていて動きを直してくれたりコメントを言ってくれるわけではありません。

動いているときは流れてしまうので、その場その場の自分の動きがわかりませんが動画で見ることによって、ここを直したほうがいいとか、ここの動きをもっと大きくとかチェックすることができます。

是非スマホ等を使って撮ってみてください。

反復練習する

ダンスの上達はとにかく練習です。

基礎的な動きでも振付けでも、練習しないと絶対に上手くなりません。

決めた練習を積み重ねていくのみです。

どんな世界でも近道はないので、地道に動くことを楽しみながら反復練習をしていくことをおすすめします。

ダンスが上手いアーティストは?

森山未來

森山未來さんの踊りは本当に独創的でカッコイイ。

もともとコンテンポラリーをやっていたということで、踊りに対する情熱も凄く感じる熱いダンサーです。

もっともっと彼のダンスの世界をたくさんの人に知ってほしいなと思います。

三浦大知

もう彼に関しては誰もが認める実力だと思います。

踊りってセンスだな・・と感じる人ですね。

もともと持ち合わせている素晴らしいセンスと能力、そしてかれは努力家なので、その全てが爆発して今の活躍に繋がっている気がします。

三浦春馬

三浦という名前の人はみんな上手いの?笑と、ちょっとこの方に関しては驚きました。

踊りを見たことがなかったので、この時初めて歌い踊る姿に衝撃。

人前でパフォーマンスするというのは俳優も歌手もダンサーも共通なんですよね。

パク・ジミン(BTS)

BTSのダンスは個々が本当に素晴らしいスキルで世界で大活躍しているアーティストだと思うのですが、その中でもセンターで踊る率の高いパク・ジミンの踊りはかなり素敵です。

しなやかで魅惑的な踊りが特徴と言われていますが、ホントその通りで彼の動きは美しいラインを描きジミンワールドにあっという間に引き込まれる。

現代舞踊を学んだ経験があり、本人もかなりの努力家。

練習のために睡眠時間が3時間だったという話も・・・真面目で心の底から踊ることが好きだったようです。

私が常に思う魅せるダンスができる人です。

菅原小春

菅原小春さんはプロダンサーの中でも本当にキレのある表現力豊かな、素晴らしいアーティストだと思います。

最近は女優のお仕事等幅広く活躍されていますが、もっともっと踊りの世界を広げていってほしいです。

身体の軸、コントロールする能力、瞬発力、表現力・・どれをとってもずば抜けています。

是非彼女の動画を見て「私も踊れる!」とイメージしてみてください^^

ダンスはイメージトレーニングが大きいですから!