ダンスを独学で趣味にするのに初心者の方はどうやって始めたらいいんだろう?と思いませんか?

手っ取り早く初めからスクール等でレッスンを受けた方がいいのでは?と考える方もいると思いますが、時間、金銭的、その他色々な理由で習いに行くのは・・・と思う人も多いと思います。

しかし、自分一人で練習をして上手くなるんだろうか?

そんな不安を抱える方へ向けたお話になります。

先に答えを言ってしまうと・・・はい、大丈夫ですよ^^

ダンスを独学で趣味にする」

これは可能です。

一人きりで練習してプロダンサーになった人もたくさんいます。

本日はダンスを独学で趣味にするための踊りのジャンルや始め方とその方法を解説していきたいと思います。

また合わせて独りで練習していくメリットとデメリットについてもお話していきます。

初心者におすすめの種類(ジャンル)とは?

ダンスを独学で趣味にするためにはまずどの種類(ジャンル)の踊りにするのか?決めていかないいけません。

やりやすいジャンルとやりにくいジャンルがありますが、はじめはやりやすいものからのがもちろんいいですね。

私が始めた時の経験をもとに、やりやすいジャンルのおすすめをご紹介したいと思います。

HIP HOP(ヒップホップダンス), ハウス, ロック

この3つは初心者でもできるステップが豊富でわかりやすいYouTube動画もたくさんあがっています。

私はこの中からHIPHOP(ヒップホップダンス)を選択しましたが、ご自分の好みや音楽の好き好きでもいいと思いますよ。

楽しく動けるジャンルを選びましょう。

しかし、はじめは必ず1つのものを選んでくださいね。

色々なジャンルを同時にこなせるほど踊りは簡単ではないので、まずは1ジャンルに集中してトライしていきましょう。

もちろん上の3つ以外でJAZZ(ジャズダンス)等も踊れるようになったらカッコいいし、アーティストのバックダンサーの踊りはJAZZ系のものも多いので、少し難しい部分もありますがこういうジャンルがやりたいと思えばチャレンジしてみるのもありだと思います。

ダンスを独学で趣味にするための始め方と方法

基礎的な練習をする

まずどんなジャンルでも始め方としては基本からになります。

基礎的な練習を重ねていくことで着実にスキルアップしていきます。

ではその基礎的な練習とは?

それは「リズムトレーニング」「アイソレーション」。

この2つは上達していくのにとても重要になってきます。

リズムトレーニング、アイソーレーションについては下記記事の方で詳しく書いているので合わせてお読みください。

 

まずはこのリズムトレーニングとアイソレーションをYouTube動画等でチェックし、真似しながら進めていきましょう。

はじめから上手くできなくても大丈夫です。

スタジオやクラスに通っている人であっても初めから上手くできるわけではないので、この部分はどの場所で行うにしても地道な反復練習になります。

繰り返し頑張っていきましょう。

スマホを使う

ダンスを独学で趣味にする」ためにスマホを最大限に使っていきましょう。

まずは先ほどお話した基礎の練習である「リズムトレーニング」や「アイソレーション」はスマホでYouTube動画で検索すればたくさん出てきます。

その動画を参考にしながら基礎の練習を繰り返していきます。

そして基礎の練習だけではもちろん楽しくありません。

やはり好きなアーティストやアイドルのような振り付けもやりたいですよね^^

好きなアーティスト、アイドルの音楽があればそれを検索し、そのPVを見て振り付けを覚えて練習していくのも上達へ繋がります。

また、練習を重ねていく中で少しずつ自分自身の動きもスマホを使って動画で撮ってみることをオススメします。

練習していく中で自分がどうやってうごいているのか?を確認して直し、また練習していくということが大切ですね。

そして最後はスマホのアプリを使って練習するということもオススメです。

動画の動きをゆっくりしたり反転したりできるので、振付を覚えるときに役立ちます。

スマホの使い方をまとめると・・・・

  • YouTube動画を使う
  • 自分の動画を撮る
  • アプリを使う

になります。

是非参考にしてみてください。

独りで練習するメリットとデメリットとは?

メリット

  • 時間も気にせず自分のペースでできる
  • 場所も選ばず、自分の部屋でも行える
  • 人の目が気にならないので思いっきり動ける
  • お金がかからない
  • 動画等も自分のペースで何度でも繰り返し見て練習できる

デメリット

  • わからない部分が出てきても質問できないので理解に時間がかかる
  • 仲間がいないため、一緒に頑張れる人がいない
  • 上達に少し時間がかかる(人によってではありますが)

メリット、デメリットありますが、どちらにしても踊りの上達には地道な練習をするということには変わりありません。

どんな環境であろうとも是非楽しんで続けてみてください。

ダンスは本当に楽しいものなので。