ダンスを独学でアイドルの曲を覚えたい、マスターして踊れるようになりたい!

最近は踊れるヒット曲がたくさん出ていて、日本だけでなく韓国なども人気がありK-POPのファンも多くなりました。

MV(ミュージックビデオ)で見るような踊りが出来たらカッコイイですね。

初心者の方は始めからスクールに行ってレッスンを受けたりとかは少し勇気がいりますが、それなら自分でこっそり練習して出来るようになりたいなと思いませんか?

そこで本日は、ダンスを独学でアイドル曲をマスターするにはどうしたらいいか?

そのコツや練習方法を解説していきたいと思います。

また初心者の方でも踊りやすい簡単な曲をK-POPを中心にご紹介していきます。

ダンスを独学でアイドル曲を覚えるための練習方法

YouTubeで映像を検索

自分のお気に入りの覚えたい曲をYouTubeで検索してみましょう。

好きなアーティスト名や楽曲名を検索するとたくさんの動画があがっています。

MV(ミュージックビデオ)や、またK-POPだと本人たちの練習映像がアップされていたりすることがありますね。

ダンスプラクティス」と検索すると多くのK-POPの練習映像を見ることができます。

日本人だとジャニーズとかの練習風景を見ることができますよ。

まずはYouTubeでその踊りたい曲を探して、その踊りをしっかりチェックしてみましょう。

また、振り付けをしながら進めている映像があれば、それを見ながら真似していきます。

とにかく何回を何回も穴があくほど見ましょう^^

曲の構成をチェックしてパートごとに覚える

K-POPでもjpopでも覚え方は一緒です。

YouTube等の動画をサーっと見て覚えてしまう人もたまにいますが、普通はなかなか覚えられませんよね。

まずは曲の構成をチェックしてみて、パートごとに覚えるとわかりやすい。

曲の構成とはイントロから始まり、Aメロ(初めのメロディ)、Bメロ(2番目のメロディ)、サビといったような形ですが、もちろん曲によっては変わってきます。

でもだいたいがイントロから始まり、メロディがあり、サビに繋がるという形態は一緒なので、難しく考えずそんな順番なんだなぁと理解してもらえればOKです。

イントロの部分をまずよく聞きこんで、そこの部分の振付を覚える。

そしてメロディの部分がいちばん長いことが多いので、ここはしっかり丁寧に動画を見ながら覚えていく。

上の2つがなんとなく入ってきたら繋いで踊ってみます。

そしていちばん盛り上がるサビの部分を覚えて、ほぼ曲の1番が繋がっていきます。

イントロ、メロディ、サビと分けて覚えていくと、自分の頭の中で整理できるのでわかりやすくなります。

アプリを使って反転、スロー

今は便利な世の中なのでスマホの中には画期的なものがたくさん入っています。

その1つが動画を反転させたり、スローにしたりするアプリ。

YouTubeで見る動画はだいたいは前から撮られたものなので、振り付けが反対になっていますよね。

これを自分でいざ覚えるとなった時に、細かい振り付けだと反対向きってどんなだ??と悩むときがあります。

そんな時に反転してくれるアプリを使えば、映像をそのまま真似して覚えることができるので助かりますよね。

また早い振り付けの時は「あーー早くてわからない」って思うこともあると思います。

そんな時はスローで見ることができるアプリを使うとゆっくりとした動きを見ることが出来るので超便利。

色々なアプリがありますが私のオススメするアプリはこれ。

Symplayer

参照元 App Store

このアプリは速度も自分の好きな速さに変えられるので凄くいいですよ。

iPhoneの方はApp Storeから無料入手できます。

ダンスを独学でアイドル曲をマスターするコツとは?

丁寧に細かく覚える

コピーダンスはとにかく細かくしっかりチェックして覚えることが大事。

雑にならないように、全部いっぺんに覚えるのではなく、上記の練習方法であげた構成のパートごとに丁寧にステップを覚えていきましょう。

また動きが細かい場合は上半身と下半身に分けたり、手の部分だけとか足の運び方だけを注意して覚えていってもいいでしょう。

自分のやりやすいやり方を見つけていくといいですね。

ダンサー全員をチェック

K-POPでもjpopでもたんさんの人数で構成されているグループが多いですが、なるべく全員の動きを見ていくことをオススメします。

どうしても動きのクセがあったりで振り付けがわかりにくい部分も出てくると思います。

そんなときは同じ人ばかりでなく、他のメンバーの動きを見るとわかりやすかったりするので、全員の動きをまんべんなく見ていくことをおすすめします。

自分の動きを動画で撮る

覚えた動きをスマホ等を立てて、動画で撮っておくといいですよ。

一度入れた振りでも、たくさんの振り付けを覚えていくうちに忘れてしまうこともあるので、動画で撮って自分の動きを見ながら再度確認しつつ覚えていくといいでしょう。

目で見て覚えて、体で覚えることをおすすめします。

反復練習

あとは繰り返し練習していくのみです^^

また特に初心者の方は基礎の部分が出来ていない可能性も高いので、振り付けをコピーしても同じような形にならないかもしれません。

その場合は踊りの基本的なアイソレーションやリズムトレーニングをすることをオススメします。

ただ完コピするだけでなく、上達もしたいなと思うなら是非基礎の部分も下の記事でチェックしてみてください。

K-POPで踊りやすい曲はコレ

TT / TWICE

TWICEの「TT」はかなり流行った1曲になります。

とにかくメンバー全員の可愛い雰囲気が全面に出ているMVになっていますが、振り付けはシンプルでわりと簡単なステップが繋がっているので覚えやすく踊りやすいと思います。

サビは特徴的でとても人気が出ましたね。

是非覚えてみんなで踊ってみてください。

Gee / 少女時代

テンポのいい可愛い曲で、かなりヒットした有名な曲になります。

少し早いぶん、振り付けを覚えるのは大変かもしれないですが、そんな時はアプリを利用したりしてゆっくりめにして覚えるといいですね。

ひとつひとつの動きはそんなに細かくはないので覚えやすく踊りやすい楽曲です。

oh! GG / Girls’ Generation

こちらはカッコ可愛いという雰囲気ですね。

テンポも速くノリのいい曲なので数人で踊るとかなり盛り上がると思います。

LIKEY / TWICE

手振りの可愛い曲です。

少し速く細かい部分もありますが、サビのところは凄くキュートな振りにので是非覚えて踊ってみるとかなり楽しいですよ!