ダンスは見るだけでも楽しいものですが、実際にやってみたらもっと楽しいということを知ってもらいたい。

ダンスを見る機会はたくさんあると思います。

アーティストのバックダンサー、テーマパークのダンサー、舞台で踊るダンサー達、最近はパフォーマーとしてダンサーが活躍できる時代になりました。

踊ったことがない人にとっては自由に思い通りに踊るなんて夢の話と思うかもしれませんが、そんなことは全くありません。

誰でも初めは初心者です。

踊りを始めてから世の中にこんな楽しい素晴らしい世界があったんだなって私は思いました。

もしダンスを見ることが好きだったり楽しいと思うなら、是非自分でも踊ってみませんか?

本日は初心者の方でも独学でも楽しめて上達できる方法をお伝えしていきます。

ダンスを見ることで上達するための方法とは?

基礎のダンスを見る(YouTube動画)

今の時代は検索をすればどんなものでもYouTubeで見ることができたりしますね。

ダンス動画もたくさん投稿されているので簡単にダンスを見ることかできます。

踊りの経験がない方や独学でやりたい方が参考にしてもらいたいのは、ダンスの基礎の部分を教えてくれる動画になります。

ダンスの基礎とはストレッチ、アイソレーション、リズムトレーニング等になります。

特にアイソレーションやリズムトレーニングに関しては、初心者の方には難しいと感じる部分かもしれません。

でもYouTube動画ではレッスンに行かなくても丁寧に教えてもらえるのでとても役立ちます。

下記は胸のアイソレーションの動画になります。

このように、自分の練習したい部分を検索してみるといいですね。

アイソレーションは首、肩、胸、腰とその部分だけを動かす練習になりますが、これをやることで身体のコントロールができるようになるのでとても大事な練習になります。

そしてリズムトレーニングも重要です。

下記のYouTube動画ではヒップホップダンスの基本的なダウンとアップのやり方をかなり丁寧に教えてくれています。

是非参考にしながら練習してみてください。

そしてダンスは練習がものを言うので、とにかく繰り返し練習していきましょう。

お気に入りのYouTube動画でイメトレ

ダンスはこんな風に踊りたいとかこの人みたいな踊りをやってみたいとか、自分の憧れだったり目標を見つけるといいですね。

そこでまた利用するのがYouTubeになりますが、ダンス、ヒップホップ、ジャズ、ロック・・など自分がやりたい好きな種類の動画をチェックして、その中でもこの人の動きや降り付けがカッコイイなと思えば自分のお気に入りとかに入れておきましょう。

常にそのダンスを見るようにしてイメージトレーニングをすることをおすすめします。

ダンスはイメトレがとても大事です。

もちろん基礎もしっかり行っていくことが前提ですが、自分の目標が明確になっているとそのダンスに近づいていけると思うので、特に独学でやる場合はこの方法はおすすめになります。

私はアメリカで修行している時に師匠からとにかく私のダンスを見ること! そしてコピーしなさいと言われました。

要はとにかくしっかりお手本を見て、そしてコピーして動けるくらい細かいところもチェックしながら練習しなさい、集中しなさいということでした。

ダンスを見るって意識によって変わるんだなと思いましたね。

因みに私がよく見ていたのはこのダンサーです。

これはアメリカでも有名なKyle Hanagamiのレッスンですが、このセンターで踊っている女性は本当にカッコイイんです。

凄く身体をコントロールして踊っていて、色々なスタイルのダンスを踊りこなす素敵なダンサーです。

皆さん好きなスタイルは様々だと思います。

こういう動画を見て刺激を受けるのもいいですね。

是非お気に入りを見つけてみてください。

鏡を使って自分のダンスを見る

練習するのに欠かせないのが鏡になります。

自分の動いている姿をしっかりと鏡を使ってチェックをする、自分のダンスを見る、現実を受け止める(笑)ことが大切です。

鏡を使わずに練習をしていると、間違ったまま動いたり変なクセがついたまま踊ってしまいます。

全身を見るためにも家でなら姿見を使うといいと思います。

私は少し大きめの姿見を買って壁に立てかけて使っています。

特に、自宅で独学で練習したい方は必需品かなと。

実際に舞台などのダンスを見る

実際に目の前でプロが踊っている姿は迫力が違うと思います。

テレビやYouTube動画でも勉強することはできますが、やはり生で身体の動きや表現力を感じることができるのならばそれはいい経験になるでしょう。

私も昔はよくダンスイベントやまた舞台なども観に行きましたが、やはり実際に観ることで興奮するしやる気も上がりました^^

機会があれば生でダンスを見ることをおすすめします。

オススメのダンスの種類とは

初心者の方におすすめするダンスの種類は・・・

HIPHOP(ヒップホップダンス), JAZZ(ジャスダンス), K-POP , ロッキング,  ハウス等があげられますが、基本的には自分が見て好きなスタイルだったり、好きな音楽で決めるといいと思います。

特に好きな音楽、好きなアーティストの歌等があれば、その曲を使っている動画を探したり、そのアーティストのバックダンサーの動きを真似してみたりするところから入るのも楽しいですね。

ダンスの1番大切なことは楽しむことだと思うので、自分の好きな自分の楽しいと感じるものを見つけて、決めて練習していくのが上達への近道でしょう。

あとは地道にコツコツ練習していくことが大事です。

楽しんで頑張りましょう!